ククイナッツオイルとは


ククイの木

ククイは、古来からハワイに生息する樹木。
かつては椰子の木が「ハワイの木」でしたが、1959年には、ククイの木がこれに代わり「ハワイ州の木」として指定されました。ククイの葉、花、実を使ったレイは、モロカイ島の公式レイとしても有名です。

ククイナッツオイルは、1988年「オイルズ・オブ・アロハ社」によって研究され、スキンケアオイル、化粧品の原料として開発されました。

ククイの木の実から低温圧搾で搾油されたこのオイルは、体で作ることのできない必須脂肪酸であるリノール酸が40%、リノレン酸が30%含有されていることが大きな特徴です。
また、肌になじみやすいさらっとした質感で、肌荒れや日焼け後のダメ-ジケア、乾燥肌の方にもやさしくアプローチ。
吸収性に優れ、オイルなのにベタベタしない。それが、ククイナッツオイルの人気の秘密です。


<あくまでナチュラル。それが、ククイナッツオイル>

人工香料を含まない、赤ちゃんにも使用できるほどの低刺激性。
ククイナッツオイルは、ハワイ原住民が昔から乳児の敏感な肌を強い太陽光から守るために、ベビ-オイルとして使用してきた“ハワイの伝統の知恵が息づいている”肌にやさしいスキンオイルです。
現在では、ご家庭での使用はもちろんのこと、オイルマッサージサロン、ベビーマッサージ、フラダンスのボディオイル、手作り石鹸の材料など幅広く使用されています。

当社が取り扱うオイルズ・オブ・アロハ社の『ククイスキン&ヘアケアコレクション』は、このスキンケアに適したククイナッツオイル100%の「ククイスキンオイル」をメインアイテムとして、このオイルをベースに製品化されたもの。
製品ラインナップ特に「ククイスキンオイル」は手作りで製造され、石鹸材料として、またアロマ効果を楽しみたい方のために、お好みのエッセンシャルオイルをブレンドできるよう、無香料も用意されています。

その他アイテムはすべて、天然香料・微香性タイプです。

Copyright © 2010-2016 COXSWAIN PACIFIC Co.,Ltd All rights Reserved.
Top